結婚式を企画するブライダルプランナーの仕事

結婚式を支えるブライダルプランナー

仕事内容と一日の流れ

プランナーの主な仕事内容

勤め先によって多少の差はあるとされていますが、ブライダルプランナーの業務は主に3つに分けられます。

まずひとつ目は、皆さんの目に最も留まりやすい結婚式当日の介添え。
新郎新婦への対応はもちろんのこと、指揮が滞りなく進むように事前に備品や会場のチェックを行い、式の最中も会場に控えて全体の進行や各スタッフの指揮も行います。
次に挙げられるのは、その結婚式の内容を決める打ち合わせや事前準備。
お客様の要望を受けて、その名前の通り結婚式の日時や内容をプランニングし、それに伴う予算に加え司会者、照明、音楽の手配も行います。
そして意外と知られていない3つ目はお客様への提案と営業。
問合せや見学に来たお客様へ、その希望を聞きながらプランを提案することで予約を受けるのも、プランナーの大事な仕事なのです。

結婚式当日の流れ

近年、要望が多様化してきたこともあり、結婚式のプランも様々なスタイルが登場してきていますが、例えば午前中から挙式が始まる場合には、プランナーの出社は早朝からになります。

まず会場や備品の確認、スタッフとのミーティングを済ませると、今度は新郎新婦のお出迎えです。
その後、親族のお出迎えや新郎新婦の準備、双方親族の顔合わせの案内をする一方、その裏では引き出物などの最終チェックが行われます。
そして受付が始まる時間になると、招待客の対応をしながら新郎新婦の撮影、挙式のリハーサルなどを平行して行うため慌ただしくなりますが、忙しい中でもトラブルが起こらないように慎重に進行を続けます。
式の開始後は、会場で式に立会いつつも全体の進行管理やスタッフの指示を出しつつ、式を最後まで進行。
式の後も新郎新婦への挨拶や片付けなどをして終了ですが、場合によってはすぐに別の式の準備を始めることもあるそうです。