結婚式を企画するブライダルプランナーの仕事

結婚式を支えるブライダルプランナー

幸せな結婚式をサポートする仕事

ブライダルプランナーという職業

ブライダルプランナーは、場所によってはウェディングプランナー、もしくはブライダルプロデューサーとも呼ばれ、その名の通り式のプランニングから事前準備、当日の進行などの結婚式に関わる様々な担当する仕事です。
ブライダルプランナーの職場は、主にホテルや結婚式場ですが、昨今ではイベントのプロデュース会社に就職する場合もあればフリーランスで活躍する人もいたりと、その就業スタイルは様々です。

そもそも日本では、結婚式は家で行うものとされてきました。
それが西洋の文化が入ってきたことにより、結婚式場婚というスタイルが確立されてきました。
それが更に近年になって、定番化した結婚式ではなく自分達のオリジナルプランの結婚式を挙げたいという要望が増えてきたことにより、その要望に応える為に生まれたのがブライダルプランナーという職業なのです。

ブライダルプランナーへの道

年々志望者が増えているとされているブライダルプランナーですが、今のところ必須となる資格や学歴は特にありません。
しかしその多岐に渡る仕事内容を考えると、ブライダルに関する知識はもちろんのこと、会話力や企画力、プレゼン能力も必要となってくるので、もしブライダルプランナーになりたいと考えているならばブライダル科のある専門学校や大学、もしくは養成スクールに通ってからホテルや式場に就職するのが一番の近道と言えるかもしれません。
また、必須ではないとはいえブライダルに関する資格は存在するので、ABC協会認定資格のアシスタント・ブライダルプランナーと日本ブライダル文化振興協会認定資格のIBC検定はチェックしておいて損はないでしょう。