優しく使えるオーガニックコスメ|自然派化粧品のヒミツ

原因を知り対処する

化粧品

ターンオーバーを改善

いつまで経っても消えない、赤みのあるニキビ跡は悩みの種です。ニキビ跡が赤みを持ち、なかなか消えないのには原因があります。ニキビができると炎症で傷ついた肌を修復しようと毛細血管が一ヶ所に集中し、それが赤く見える原因となっています。または炎症や傷がひどいと、免疫反応が過剰となり正常な細胞まで傷つけてしまう場合があります。そういった場合、毛細血管が傷ついた個所が赤く見えることがあります。赤みのあるニキビ跡がなかなか消えないのはお肌のターンオーバーが正常に行われていないからです。正常なターンオーバーを数回繰り返せば、赤みは次第に薄くなっていき、ニキビ跡のないきれいな肌を取り戻すことができます。ですから赤みのあるニキビ跡がなかなか消えない場合は、お肌のターンオーバーを正常に整える必要があります。

気を付けて改善できること

お肌のターンオーバーを正常に整えるにはいくつか方法があります。まずは良質な睡眠が欠かせません。睡眠中は成長ホルモンが分泌されるのでお肌の新陳代謝が活発になります。眠りに入ってからの3時間に集中して、成長ホルモンが活発に分泌されるので、この間はぐっすりと寝れるように心がけましょう。美肌に欠かせないのがバランスの取れた食事です。なんでもバランスよく食べることが大切ですが、特に良質なたんぱく質やビタミン類などは新陳代謝に大きな影響がありますので積極的に摂取しましょう。普段のスキンケアも大切です。肌の老化をまねく紫外線対策は万全に行います。正常なお肌のターンオーバーには保湿が欠かせません。保湿効果の高い化粧水や、抗炎症作用のあるビタミンCを効率よくお肌に届けるビタミンC誘導体が入ったものを選ぶと効果的です。こうしてお肌のターンオーバーを改善することでニキビ跡は次第に薄くなり消えていくことが期待できます。