結婚式を企画するブライダルプランナーの仕事

結婚式を支えるブライダルプランナー

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

幸せな結婚式をサポートする仕事

ブライダルプランナーという職業は比較的新しい業種です。 この職業が生まれた背景には、時代の流れによる結婚式への意識の変化と、オリジナリティを求める故に要望が多様化してきたことが挙げられます。 ここでは、そんなブライダルプランナーについてと、この仕事に就くために必要なことをご紹介します。

仕事内容と一日の流れ

ブライダルプランナーの仕事風景と言われて思い浮かぶのは、結婚式の最中に会場で指示を出している姿ではないでしょうか? そういった当日の進行役ももちろん仕事の1つですが、これはプランナーとしての仕事のごく一部に過ぎません。 それでは式当日以外のプランナーに仕事には、他にどういったものがあるのでしょうか。

ブライダルプランナーという仕事のメリットとデメリット

当日の心配りだけでなく、企画力やプレゼン力も必要となるプランナーの仕事は苦労が多いように感じますが、その労力以上のやりがいがあることも、やりたい仕事として人気が高い理由の1つとされています。 果たしてブライダルプランナーの仕事には、どんな魅力があるのでしょうか。

ブライダルプランナーとは

人生最大の門出でもある結婚式には、女性の夢と憧れが詰まっています。
特に、典型的な挙式ではなくオリジナルの挙式への要望が高まってきた近年では、その結婚式の提案からサポートまでを担当するブライダルプランナーには大きな期待と重い責任がのしかかります。

ブライダルプランナーの仕事は、その名前の通り結婚式のプランニングをすること。
しかし、実際の業務はプランニングだけに留まりません。
プランナーには、新規営業を行うための接客力、要望通りの結婚式を提案するための企画力や提案力、マネージメント力、そして式当日の運営やハプニング対応を行えるだけの広い視野や判断力など、多彩な能力が求められており、また、案件に合わせた勤務が必要なため体力も求められます。
こういった理由から、一見プランナーという職業の大変な面ばかりが浮き彫りになりがちですが、その反面、客様の要望や時代の変化を汲み取り、その希望を叶えるべき結婚式を考えるという高いクリエイター性を持つ職業として注目が集まってきており、年々女性を中心に志望者が増えてきているのは、そのデメリットを覆すほどの魅力がブライダルプランナーにはあるとされているからにほかなりません。

それでは一体、ブライダルプランナーの魅力とはなんなのでしょうか。

このページでは、ブライダルプランナーという職業を、その仕事内容やそのメリット、デメリットなどの側面から掘り下げていきます。
これからブライダルプランナーを目指したい、興味があるという人はぜひご覧下さい。